製造・機械・部品|新たに発展するクラッドメタルの技術

【無料の企業PR広告】
■該当件数5件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
TOP > 製造・機械・部品 > バイメタル・ジャパン株式会社

新たに発展するクラッドメタルの技術


ものは接着すれば、はがれてしまう可能性を持ちます。剥離してしまうのは、そこに異なる素材が存在するからです。金属をつなぐのもこうした問題がありました。結果として単体で利用しているものを複数用意しているだけであり、接着剤自体にもさまざまな問題も出てきます。クラッドメタルが多くの可能性を秘めて使われてきているのは、この剥離の問題がないからです。異なる素材をつなぎ合わせるときに、クラッドメタルは金属に圧力を加えて、圧延するところが特徴です。原子のレベルで結合していくことになるため、強度の高い製品を作ることができます。剥離の心配がないため、一つの素材として扱えますが、異なる金属同士を使っていけるのですから、両者の特性を生かせるのが大きな違いです。コストダウンもクラッドメタルで図れますし、加工に関しても大きなメリットを生み出せるようになるでしょう。防食といった部分に関しても、発想で使い方を広げられるのですから、未来に向けた技術といえるのです。